納骨堂許認可のための行政書士試験合格 必勝法

行政書士試験

絶対合格 納骨堂許認可のための行政書士合格 必勝法

納骨堂許認可のための行政書士試験

納骨堂許認可のための行政書士試験とは…

 総務大臣が定める場により、納骨堂許認可のための行政書士の業務に関し必要な知識及び学力について、毎年一回以上行う。 (納骨堂許認可のための行政書士法第3条第1項より)

 「納骨堂許認可のための行政書士の業務に関し必要な知識及び学力」とは、具体的に、

 の中から40題(択一式35題、記述式5題)、一般教養20題(択一式)の筆記試験です。 (法令科目は、受験する年の4月1日現在施行されている法令に関し出題されます。)

 受験資格に制限はありません。
 年齢、性別、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

 試験は、例年、10月第4週に行われ、試験時間は、午後1時から午後3時30分までの2時間30分です。
 途中退出は可能ですが、その際、試験問題を持ち帰ることはできません。
 ただし、途中退出した場合でも、午後3時35分までに試験問題を取りに行けば、問題を持ち帰ることは可能なようです。(私の試験地では、こういう説明がありました。)

 尚、出題法令や出題数、出題形式は、変更される可能性もありますので、必ず、「財団法人 納骨堂許認可のための行政書士試験センター」などの発表する試験案内をご覧下さい。
(願書、受験料、試験地などについても確認することができます。)